お知らせ

News Detail

【小児歯科の必須知識】子どもの虫歯の治療法

 

◆乳歯は虫歯になりやすいの?

 

乳歯は、以下の理由から虫歯になりやすいです。

・エナメル質や象牙質が薄い

・歯の表面が柔らかい

 

永久歯と比べて乳歯は薄く柔らかいため、虫歯になりやすいです。

また、歯磨きが不十分になりやすいことや、ダラダラと飲み物を摂取する理由もあります。

乳歯は薄いため虫歯の進行が早く、神経まで虫歯が進みやすいため注意が必要です。

 

◆虫歯になったらどのような治療をするの?

 

乳歯が虫歯になったら、大人と同じ治療が必要です。

 

虫歯になっている部分を削り取り、レジンというプラスチック素材で穴を埋めます。

神経まで進んでいる虫歯では、神経を取らなければなりません。

歯がほとんど残っていないときは、麻酔をかけて抜歯することもあります。

 

虫歯が進行すればするほど、長く口を開けなければなりません。

治療にも時間がかかってしまうため、乳歯が虫歯になったら早めに治療することが大切です。

 

◆子どもの虫歯治療は何歳くらいから可能なの?

 

子どもの虫歯治療は、3歳くらいからできるようになります。

乳歯が生えたばかりで本数が少ないときは、口の中を綺麗にしていれば虫歯になることはほとんどありません。

 

3歳くらいから虫歯治療ができるのは、以下の理由からです。

・コミュニケーションが取れる

・ある程度の時間座って口を開けられる

・虫歯治療を理解できるようになる

 

最初は、座る練習や口を開ける練習から始め、歯科医院の雰囲気に慣らします。

嫌なことをされた印象が強く残ってしまうと、恐怖や不安で治療ができなくなることがあるため、虫歯があっても最初から無理に治療はしません。

 

◆子どもの虫歯治療で気を付けることはある?

 

子どもの虫歯治療で大切なのは、その子に合わせた治療にすることです。

3歳からスムーズに虫歯治療を受け入れる子もいれば、そうではない場合があります。

 

無理に押さえつけて治療をするのではなく、その子が虫歯治療を受け入れられるよう、徐々に進めていくことが大切です。

 

最初は泣いて治療ができないこともありますが、頑張ったことを褒めてあげましょう。

子どもにとって歯科医院は大きな音や臭いがしており、怖いと感じることがあります。

 

そのような状況で、わずかな時間でも「座っていられた」「口を開けられた」ことを褒めてあげてください。

 

◆歯科の保険治療分野(虫歯・歯周病・予防歯科など)について気になることがある方は、西白井のけやき台鈴木歯科へ

 

千葉県白井市や西白井付近で歯医者をお探しの方は、けやき台鈴木歯科へご相談ください。

虫歯・歯周病・予防歯科など保険適用の保険診療に対応しております。

乳歯の予防歯科や、自費治療による自由診療の相談も可能ですので、ぜひご利用ください。